中古ソフト問題についての見解解  Ver.1.55  1998.2.3
中古ソフト問題研究会



 新聞報道等によると、中古ゲームソフト(以下「中古ソフト」)の販売が著作権法上違法であるという見解が発表されたり、そのような見解に基づくキャンペーン(社団法人コンピュータエンタテインメントソフトウェア協会など)が行われています。

 しかし、私たち弁護士・法学者は、中古ソフトの販売は著作権法上違法ではないという見解(以下「合法説」)です。もし、中古ソフトの販売が著作権法上違法であるという見解(以下「違法説」)のみが流布すると、多くの人々の誤解を招きかねないと思いますので、ここに私たちの見解を発表させていただく次第です。

 違法説が論拠としているのは、ゲームソフトは著作権法上の「映画の著作物」に該当し、「映画の著作物」には「頒布権」(著作物の流通をコントロールする権利)が製作者に認められるということにあると思います。そして、そのような見解が確立した判例であるかのように説明しているものもあります。

 しばしば引用される判決として、東京地裁昭和59年9月28日判決(パックマン事件判決)があります。しかし、この判決は、公衆が出入りする店舗に無断複製ビデオゲーム機を設置して上映した事案に関するものであり、個人使用目的のゲームソフトの中古販売まで禁止する趣旨と解するのは行き過ぎだと思います。いずれにせよ、ゲームソフトの「頒布権」に関しては、最高裁の判例は現在まで出ていません。
 そして、ゲームソフトの中に「映画の著作物」に該当するものがあるとしても、必ずしもすべてのゲームソフトが「映画の著作物」に該当するとは限りません。

 また、「映画」に「頒布権」を認めた規定は、もともと劇場用映画フィルムを想定して制定したものでしたから、ゲームソフトについても劇場用映画フィルムと全く同様に扱うべきかについては、大きな疑問があります。
 さらに、「頒布権」に全く制限がないかどうかは大問題であり、例えば、アメリカ合衆国では、ファーストセール・ドクトリンという法理があり、最初に適法に販売された後は「頒布権」が及ばないとされていますし、そのほか、イギリス、ドイツ、フランスをはじめ多くの国でも同様な解決がされているところです。

 日本のゲームソフト製作者だけ(外国のゲームソフト製作者以外で、しかも、ゲームソフトではないソフトの日本の製作者以外のみ)に無制限の「頒布権」が認められるべきだとする合理的な理由は考えにくいと考えます。また、同様な流通形態である書籍(あるいは、コンピュータ・プログラムを組み込んだ多くの種類の商品)などの場合と比較した場合、ゲームソフトについてだけ無制限の頒布権が認められ中古販売が著作権法上違法とされるとする合理的な根拠も見いだしがたいところです。

 なお、違法説の主張は、中古ソフト販売による利益の一部がソフト製作者にも提供される形を作ることが真意であるとも言われています。私たちは、そのような形が、関係者の合意により、あるいは、国民の意思に基づき新たな法律により、作られることについてまでこの見解の中で論じるものではありませんが、仮にそのような真意があるとしても、現行法上中古ソフトの販売が違法であるという見解の流布によって解決することが適切とは思いません。

 法律的見地以外からの意見はこの見解の主たる趣旨ではありませんが、私たちは、社会経済上の見地、資源の効率的利用の見地等から、新品市場とリサイクル(中古品)市場とが共存して健全に発展していくことが望ましいという考えを持っています。

 1998年1月30日
 中古ソフト問題研究会会員(順不同)(発表後の賛同者を含む。)
   椙山 敬士(第一東京弁護士会)  藤田 康幸(東京弁護士会)
   藤本 英介(第一東京弁護士会)  小倉 秀夫(東京弁護士会)
   浦中 裕孝(大阪弁護士会)    立山 紘毅(山口大学)
   斉藤  豊(東京弁護士会)    錦   徹(東京弁護士会)
   町村 泰貴(小樽商科大学)    本間 伸也(第二東京弁護士会)
   小川 憲久(第二東京弁護士会)  牧野 二郎(東京弁護士会)
   濱田 広道(東京弁護士会)    並木 政一(東京弁護士会)
   山川  豊(東京弁護士会)
    (1998.1.29現在 15名)
   中野 通明(東京弁護士会)    松本  淳(群馬弁護士会)
   朝日 純一(第一東京弁護士会)  加藤 文也(東京弁護士会)
   大川 隆司(横浜弁護士会)    榎本 信行(東京弁護士会)
   新井  章(第二東京弁護士会)  大森 典子(第二東京弁護士会)
    (1998.2.1現在 23名)
      鈴木  誠(名古屋弁護士会)   高野 真人(東京弁護士会)
   神頭 正光(東京弁護士会)
    (1998.2.3現在 26名)
  (事務局担当 〒102 東京都千代田区麹町6-6-1 麹町松尾ビル5F
            プライム法律事務所
              弁護士 藤 田 康 幸
              TEL 03-3221-7251  FAX 03-3221-7257
              E-mail  y.fujita@f.email.ne.jp     )

Back